FANDOM




あらすじ編集

 アニメ「反乱者たち」の前日譚にあたる小説シリーズの下巻。上巻にて描かれていたケイナン・ジャラスヘラ・シンドゥーラスケリーヴィディアン伯爵ザルーナ・マイダー の5人がそれぞれの身に降り注ぐ事件によって、ゴース の衛星シンダ の命運を握る中心的な存在となっていた。

 ヴィディアン伯爵はスケリーの持ってきたシンダ爆破の計画に興味を示し、実行に移すことによってレロ・ダンテ から言い渡されたソリライド の採掘ノルマを達成しようと考えた。そして、彼はその計画を実行するために着々と準備を進めているのであった。

 ケイナンは、出会った時から惹かれていたヘラと共に行動していたことによって帝国軍から追跡されていた。その後ヘラ達と別れてシンダに起こる事件から身を引こうとしていた時に起こった一つの爆発によって大切な仲間を失うこととなり、そのことをきっかけに再びヘラと行動を共にして、シンダの破壊を阻止するために活動をすることとなった。

 ザルーナは逮捕された部下のヘトー からの最後の頼みをうけてヘラと面会した、成り行きで彼らとともに帝国軍に追われる身となった。今までとは違った自由を楽しむ一方で、窮屈だが安全な帝国軍の下での仕事に戻るかどうかの葛藤に苛まれていた。

 自分の忠告をヴィディアンに悪用されることとなったスケリーは、ヘラやケイナンと共にヴィディアンの思惑を阻止し愛するシンダの月を守るため、弱った体に鞭を打って最後の抵抗をしようとしていた。

 ヘラが中心となり、彼女と共にシンダの破壊を阻止しようと動く彼らは直接ヴィディアンのもとへ乗り込み、ある計画を実行することとなる。各々が自分にできることによって貢献することでヴィディアンからシンダを守ろうとする。

 最終的にどのようにしてヘラとケイナンがともに旅をすることになるのか、また、シンダはどうなってしまうのか。彼らの平穏な生活を変えた大きな事件に衝撃的な形で幕がおろされることとなる…