FANDOM




概要編集

プリクエル三部作の三作目。アナキン・スカイウォーカーの過去を描く三部作の最後の作品であり、オリジナル三部作へとつながる重要な一作となっている。 物語は、アナキンがダークサイドへ堕ちていく悲劇を描いており、ダース・ベイダーの誕生と銀河帝国の勃興までを中心に話が展開している。

あらすじ編集

舞台はクローン大戦勃発の3年後、コルサントにて独立星系連合軍によって捉えられていたパルパティーン最高議長の救出から始まる。最高議長との逃走の際にドゥークー伯爵と対峙したアナキンとオビ=ワンは、力を合わせたあとにオビ=ワンが負傷するものの、戦争によって成長したアナキンの実力の前にドゥークー伯爵を打ち負かした。両腕を切り落としたドゥークー伯爵にとどめを刺すようパルパティーンが強く促したため、ついにはアナキンも無抵抗のドゥークーの首を落としてしまったのだった。

帰還したアナキンは妻のパドメ・アミダラの妊娠を知った。しかし、パドメが出産時に死んでしまうという予知夢を見たため、母のシミ・スカイウォーカーのように大切な人を失いたくないという思いが強くなり、さらに強力な力を得たいと思うようになっていた。

ジェダイ評議会は非常時大権に乗じて長年権力を握っているパルパティーンに疑惑の目を向けており、彼と近しい関係にあったアナキンにスパイを命じる。しかし、アナキンの力が強大になっており、精神面の不安があることを危惧していた評議会はアナキンのジェダイ・マスターへの昇格は認めなかった。

スパイをしていた際に、パルパティーンはパドメを救うためにはフォースの暗黒面こそが唯一有効な手段であるとアナキンを説いた。そのことでパルパティーンがシスの暗黒卿であると確信したアナキンはその事実をメイス・ウィンドゥに報告した。4人のジェダイでパルパティーンの部屋に乗り込み、あと一歩のところまで追いつめるものの、パドメを救いたいという思いの強さからフォースの暗黒面の誘惑に負けてしまったアナキンが、暗黒卿の加勢をしてしまった。ジェダイによる襲撃を失敗にさせたアナキンはこの時に「ダース・ベイダー」という名前を暗黒卿から与えられたのだった。

その後、アナキンはジェダイ聖堂にてパダワンを虐殺し、多くの惑星にて戦っていた他のジェダイはオビ=ワンやヨーダなどの一部のジェダイを除いて「オーダー66」によって次々と非業の死を遂げていた。

ベイル・オーガナ議員の助けでコルサントにもどったオビ=ワンとヨーダはアナキンが暗黒面に落ちたことを知る。そのことを知ったパドメはアナキンを追って火山の惑星ムスタファーへと向かった。パドメはムスタファーにてアナキンの変わり果てた姿を目の当たりにし、絶望した。そこにパドメ艇に密航していたオビ=ワンが姿を現し、アナキンとの直接対決が始まろうとしていた。 そのころ、ヨーダも暗黒卿の暗殺を企てており、こちらも直接対決の形がととのっていた。

ジェダイとシスの明暗を分ける戦いの火ぶたが切って落とされようとしていた。